■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■TJLA FEST DAY 1(2015年11月14日)@新大久保EARTHDOM

 Tokyo Jupiter Recordと3LAがタッグを組み開催される事になった国内アンダーグラウンドの暗黒音楽の新たなるフェスティバルTJLA FEST。両日共にドイツのDownfall Of GaiaとアメリカのThe Caution Childrenをヘッドライナーに迎え、更には国内の激音バンドがサポートとして参戦するといった物。
 激情ハードコア・ブラッケンド・ポストメタル・ポストロック と参加したバンドのジャンルこそ多岐に渡るが、全てのバンドに共通しているのは現在進行形のリアルを現場で鳴らすバンドだって事だ。アンダーグラウンドで新たに起こるであろう革命の瞬間を目撃する為に今回のTJLAは二日間共足を運ばせて貰った。先ずはその一日目のレポから。



・sekien

 トップは超姫路ネオクラストのsekienから。今回の激音フェスのトップはこのバンド以外にいなかっただろう。
 ライブを観るのも一年振りとかだったし、最近はレコーディングで都内でのライブも殆ど無かったけど、久々にライブを観てsekienの持つポテンシャルの高さに改めて驚かされてしまった。
 異常な疾走感で突き進むドラムもそうだし、荒ぶりまくるギターとベースもだ。sekienを構成する音の全てが止まることなんか知らずに暴走しまくっている。
 セットは現在レコーディング中の新作アルバムに収録されるであろう曲の連続だったが、最後は「踉蹌」と「六六六」のsekienアンセムで見事に締めくくりかと思ったら、ジョージ氏がベースの一弦と二弦を力尽くでブチ切ってしまって、のたうち回りながら叫ぶラストへと…初っ端から異常な熱気のライブだった。
 何にせよsekienというバンドの持つ熱量とテンションはよりパワーアップしていたし、プレイされた新曲群も正にスパニッシュネオクラストに対する日本人からのアンサーと言える物だった。アルバムも非常に楽しみだけど、ライブの方も益々凄くなっているぞ!!



・After Forever

 もしかしたら去年の頭のワッツアップでのO.G.Dとの2マン以来のライブである千葉の超マイペースなカオティックハードコアレジェンドAfter Foreverだ。
 sekienの様な生き急ぐ活動じゃ無いし、まるで仙人の様なスタンスで活動しているバンドだけど、実に二年振り近いライブでもその切れ味は全く衰えないから流石である。
 00年代の黎明期の空気感もあるし、sekienの生み出したフロアの熱気を継承しつつも、俺たちは俺たちのやり方で行くと名曲たちを淡々とプレイ。
 MCこそ非常に緩かったりするけど、爆音でお見舞いするヘビィでソリッドな音の数々、数年振りにプレイする曲も挟みつつ、ラストは「belief」と「exist」という現在のAfter Foreverを象徴する2曲で締め。余計なギミックや仕掛けは無いし、寧ろただ熱くライブをしているだけだからこそAfter Foreverの音はガツンと来る。もっと精力的にライブをして欲しい限りだ。



・STUBBORN FATHER

 そして早くも僕たちは伝説的瞬間を目撃する事になってしまった。STUBBORNがとんでも無いライブを繰り出してしまったのだ。
 sekienもSTUBBORNもそうだけど前日は大阪で孔鴉があったにも関わらず、疲れどころかライブのテンションをより引き上げて東京にカチコミに来る物だからびっくりだけど、何か色々と常識を超えてしまっているライブを繰り出していた。
 TRIKORONAとのスプリットの楽曲もANODEの「隠された太陽」のカバーも既に定番と化しているにも関わらず、それらを様式美には死んでもしないのがSTUBBORNだ。ハナの「裏側」の時点でこれまで目撃して来たライブとは明らかに異質の熱量というか緊張感というか、そういった類の物を肌で感じ取ったし、メンバー4人のそれぞれのプレイのキレやテンションも凄かったけど、4人の強烈な熱がシンクロして新たなる熱を重ねていくSTUBBORN FATHERというバンドのライブでの鉄板の方法が更にワンランク上へと更新されていくのを目撃したのだ。
 セットの終盤の「痣」と「創造の山」という流れもこれまでと決して変わらない物ではあったけど、いや変わらない物だったからこそバンドの進化とこれからが見えるライブだったし、shige氏は何度もフロアへ飛び出し血を吐く叫びを繰り出していた。
 ハードコアとは何なのか?それはSTUBBORN FATHERのライブを目撃すれば知る事が出来ると僕は思う。そしてこの日のライブを最前で目撃出来たのは一生自慢します。



・OVUM

 そして今回アースダムにいた人々に予想外の衝撃を与えたのはOVUMだろう。インストポストロックな彼らは今回のTJLAでは浮いた感じになってしまう気もしたけど、それは大きな間違いだった。
 最後にライブを観た2年前はマスロックな要素も盛り込んだ音だったけど、たった二年でOVUMは大化けしたと思う。音は完全にポストメタルな物になっており、持ち前の透明感溢れる音で聴き手をしっかり癒しながらも、強靭なグルーブとリフと轟音で凄まじいインパクトを与えてくる。というか2バス普通に使っているのにまた驚いたよ!!
 先程までの激烈なハードコアの空気とは違ってじっくり聴かせるタイプの音ではあるけど、終わりなく繰り出される楽園の様なメロディと、それに相反するゴリゴリでヘビィなサウンド。これまでしっかりOVUMを追いかけていなかった自分を恥じつつ、重厚なる音の洪水にただ溺れる事しか出来なかった。



・Years Passing

 ここでチルアウトという事でスウェーデンの激情ハードコアの生きるレジェンドであるSuis La LuneのヘニングのソロプロジェクトであるYears Passingへ。
 殆どその場に座り込んでエフェクターを触っている感じだったから後ろで座って観ていた人には何をやっているかはサッパリだったとは思うけど、このアンビエントな癒し音をどうやって出しているかは前で観ても全然分からないでしょうし問題ありません。
 だけどこうした激音フェスの中盤に天界から差し込む癒しの光の様なアンビエントは心にグッと来る物がある。ヘニングさんは途中ギターを片手に弾き語りアンビエントスタイルな曲もプレイしていたけど、そちらでは貴公子なルックスを裏切らない儚い美声を披露してました。30分に渡るベッドルームアンビエントは人によっては辛かったかもしれないけど、僕はじっくりと堪能させて頂きました。



・Coffins

 そんな癒し空間からCoffinsという落差である。夏に前任ベーシストの是枝氏が脱退し、暫く地下に潜伏していたが、この日は新任ベーシストである阿武氏(weepray、super structure)のデビュー戦であり、新生Coffinsお披露目ライブとなった。
 セッティング中の阿武氏からは流石に緊張の色があったりもしたが、実際にライブが始まってみると不思議と固さは全く感じないいつも通り世界トップランカーの貫禄を見せるけるライブ。
 これまでのアクトでモッシュなんかは起きていなかったし、比較的大人しいお客さんが多かった様に見えた今回のTJLAだけど、Coffinsではハナからピットが出来上がってモッシュするお客さんもいてと異様な盛り上がりだったのも印象深い。
 実際に阿武氏のベースプレイは当然ながら是枝氏とは全く違うプレイだったし、音全体に重さと厚みを加えるタイプのベースを弾き倒していた。また合間合間で客をガンガン煽っていくのも是枝氏には無かった部分だと思う。
 内野氏のギターの音も以前と音作りが変化していたのも印象的であり、よりヘビィなバンドとしてこれからCoffinsは生まれ変わっていくのだと思う。だけどそんな安易な期待なんてCoffinsは簡単に裏切ってしまうだろうし、新体制となったCoffinsがこれから何処に向かっていくのか楽しみで仕方ない。



・The Caution Children

 今回の主役の一つであるTCCの出番だ!!昨年リリースした3rdアルバムで完全に大化けし、ナードを極めに極めたキラキラのハードコアを鳴らすバンドになっていたが、そのライブをいよいよ体験出来るとなると本当に胸が熱くなる。
 そして実際にTCCのライブを目撃して思ったのは音の煌きというかもう単純なキラキラ感が音源よりもずっとやばい!!神々しい轟音じゃなくて、人間臭さ全開の音だし、どこをどう切ってもナードコアその物な音ではあるけど、でも何故だか妙に頼もしさを感じるのは何でだろうか?
 メンバー全員が妙に高いテンションでべらぼうに楽しそうにライブをしていたのも印象的だったが、やっぱり注目すべきは以前からライブ動画でその動きとルックスが注目を浴びていたボーカルのニック君だろう。
 先ずニック君はやっぱりアメリカのナードなデブガキ感しか無いルックスだし、挙動不審にステージを動き回り、ちゃんとボーカルやっているのにちゃんとマイク使ってボーカルしてないし、異様に機敏な所もある動きをしたりと、感動的なキラキラの轟音を浴びているのに、何でだか笑いが込み上げてしまうライブだった。
 だけど30弱の中でどこまでも力強い音を炸裂させまくり、多くの人々の心に確かな物を残した筈。そして翌日彼らは更にとんでもない事をやらかすのだった…



・Downfall of Gaia

 この日のトリはドイツからの刺客DoG。この日は完全にDoGが持って行ってしまったと言っても過言じゃ無いだろう。
 曲は新作3rdの楽曲中心にプレイしていたが、一曲目の「Darkness Inflames These Sapphire Eyes」の時点で音源を完全に再現してしまっているライブに圧倒されるしか無かった。
 弦楽器隊3人全員がボーカルを取るスタイルで、3人の演奏自体も音作りから何から何まで完璧だったけど、ドラムのフィジカルの凄さがとんでもなかった。というかあれだけの手数のドラムを寸分の狂いもなく、しかも音圧やパワーを全く落とさないで叩けてしまっている事実が目前に存在していて、それに笑うしか無くなってしまった。
 もう一つ印象的だったのは3rdのポストブラックな音も勿論細部に渡って再現されていたけど、音源とほんの少しだけ違うところがライブにあるとしたら、ドラムのビートの作り方がメタルというよりはやはりハードコアパンクのそれだった。合間合間に盛り込まれるクラストなテイストのビートは上がったし、やはりDoGの根底にあるのはクラストだって事なんだろう。
 2ndから「Drowning By Wing Beats」をプレイするなんて嬉しいサプライズも挟みつつ、アンコールも含めて全7曲に渡って繰り広げられたストイックさの塊の様なライブはこれまでの数多くの外タレバンドには無かった物であり、DoGのプロフェッショナルさには感服であった。そして彼らも翌日更なる伝説的ライブを生み出すことになる



 全8バンドに渡る長丁場でありながらアースダムにいた多くのお客さんはどのバンドのライブもしっかりと目撃していたのも印象的であり、イベント自体もほぼオンタイムのスムーズな進行だったので観ている側もストレスが無く楽しめた。
 DoGとTCCは翌日の二日目で更にとんでもない伝説的ライブをしてしまうんだけど、それは二日目のレポに続くって事で。新生Coffinsお披露目やOVUMの大化けなんかもありつつ、sekienとSTUBBORN FATHERの大阪の意地を見せつける圧倒的ライブもありと本当に充実の一日目でした。
 そしてTJLA FESTは涙で明日が見えなくなる二日目へ…
スポンサーサイト
タグ : ライブレポ

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

AKSK

Author:AKSK
メジャーの物からマニアックな物まで良い音楽を幅広く紹介してこうと思ってますが、ハードコアとかが多目だったりします。他にもコラム書いたりもしています。

タグ別記事表示

日本 ライブレポ 激情系ハードコア アメリカ スラッジ ポストメタル ポストハードコア ポストロック カオティックハードコア ドゥーム エモ イギリス オルタナティブロック サイケ フランス アンビエント ネオクラスト ストーナー ドイツ ドローン シューゲイザー ロック ハードコア プログレ ギターロック グラインドコア ポストブラックメタル インタビュー マスロック ポストパンク デスメタル スウェーデン カナダ モダンへビィネス ブラックメタル ギターポップ エクスペリメンタル スラッシュメタル イタリア エレクトロニカ ジャンクロック インダストリアル ベルギー フューネラルドゥーム グランジ スペイン 年間BEST オーストラリア ノルウェー ジェント アコースティック モダンヘビィネス プログレッシブメタル ポップス ブラッケンドハードコア フォーク ミニマル ニューウェイブ ラーメン ゴシックメタル ロシア ファストコア ハードロック ノイズ ニュースクールハードコア メタルコア パワーヴァイオレンス フィンランド 駄盤珍盤紹介 ヒップホップ オランダ トリップホップ アブストラクト 自殺系ブラックメタル ゴシックドゥーム ヘビィロック ミクスチャー ラトビア ダブ クラウトロック シンガポール ノーウェイブ ノイズコア ゴシック パンク ダブステップ メロディックパンク テクノ インディーロック チェコ ポーランド ドラムンベース ウィッチハウス オルタナティブ アイルランド デンマーク スイス ヘビィネス メキシコ ポジパン ジャズ ヴィジュアル系 アシッドフォーク メタル ブルデス 声優 ボイスCD ドリームポップ トラッドフォーク クラストコア スクリーモ カントリー プリミティブブラック 韓国 ハンガリー アイスランド イラン シンフォニックブラック ギリシャ スコットランド USハードコア ポルトガル ガレージ ソフトロック フリージャズ モダンクラシカル 台湾 トルコ ファンク 

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。