■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■CYCLAMEN presents 音ノ結 vol.2(2015年12月19日)@渋谷CYCLONE

 これまで数多くの外タレ招聘ライブや魅力的な国産バンド企画を打っているCyclamen今西氏だが、今回の「音の結」はボーダーレスな対バンで国内の魅力的なバンドを繋いでいくという物。青森のkallaqriと福岡のforgivsと地方のバンドもガッツり招聘しての5バンド。我らが御大THE CREATOR OFも参戦し非常に魅力的なイベントだった。
 この日はSikTh来日公演等もあり、数多くの企画が被りまくりな激戦日ではあったし、それぞれの企画者は集客などかなり苦戦していたとは思うけど、この日のサイクロンは他の何処にも負けない熱さがあった。



・forgivs

 先ずは福岡のforgivsからイベントはスタート。このバンドは今回初めてライブを拝見させて頂いたのだが、オートチューンを巧みに使ったスクリーモバンドバンドといった趣。ドラムの男性もスクリームを聴かせるが、叙情的でヘビィなサウンドでは無く、寧ろ女性ボーカルの豊かな表現力を聴かせるバンドだと思った。
 アグレッシブで混沌としたアンサンブルではあるけど、キャッチーな歌メロを存分に生かし、高揚感を与えるライブとなっていた。初見だし、決して普段聴くタイプのバンドでは無かったけど、でもそんな好みだとか関係なく、胸を打ち抜く真摯なライブと美しい歌声に惚れ惚れさせて頂いた。



・kallaqri

 お次も地方からの刺客。レペゼン青森激情ハードコアkallaqri。異物感と下手したら人によっては不快感すら感じてしまうであろう薄気味悪い不気味なメロディがkallaqriの大きな魅力だけど、そんな独創的なセンスすら吹き飛ばすライブのテンションが凄い!
 ツインベースで片方のベースはベースなのにギターの音がする偽物のベースだとかって部分はこの際関係無い話なのだ。こうした変則的な要素以上に、kallaqriはハードコアとして理想的なバンドだ。音源でも十分にテンションの高い音を提示するが、ライブはその上を余裕でいく。
 kallaqriのライブは決してただ音源通りに演奏しますよな発表会には絶対にならない。飛び散る汗も決死の表情も含めて、その瞬間にしか見る事が出来ない衝動、その瞬間にしか感じる事が出来ないカタルシス!!それはkillieがライブで提示しているあのハードコアの衝動と同じなのだ。そうだkallaqriはライブでこそ真価を発揮する。
 kallaqriは何度観ても限界を軽々しく突破してくる。kallaqriのタフネスは底を尽く事が本当に無いと確信出来る!!



・THE CREATOR OF


 ここで空気を完全に変えてしまったのは御大・THE CREATOR OF。サイクロンでのライブは実に一年振りとかだったけど、このバンドはサイクロンとの相性は最高で、蜜月の関係だと言えるだろう。
 後光のみの神々しい証明や、持ち前の美轟音をダイナミックに発信出来る音響環境も含めてサイクロンで観るTCOは別格だと言える。
 この日は「Pass Away」のオーガニックな音像から始まり、「Wind Up」と「You Are」で悲哀を生み出してからの、「Black Star」でループする音の高揚感で締めくくられたが、このバンドに関してはポストロックというカテゴライズも最早不可能だろう。ライブ毎により複雑に変化していくアレンジ、爆音のダイナミズムとミニマルな繊細さの狭間をすり抜け、独自の神秘的な感覚を音で構築しながらも、一本の筋となった美しいメロディ。ポストロック的美轟音、TOOL的プログレッシブさ、そしてグランジ的な音の歪み、全てひっくるめてTCOには必要不可欠な物だ。
 今年はマイペースなライブ活動の一年ではあったが、よりライブのクオリティも上がり、バンドは完全に一枚岩になって来ている。そうなると早く4thアルバムのリリースを心待ちにするしかないじゃないか!!来年も引き続きTCOは追いかけて行きます!!



・MergingMoon

 そして再びヘビィスクリーモなMergingMoon。こちらも初見のバンドだったが、キーボードを加えた編成で、ボーカルの女性は着物姿。メンバーの出で立ちを含めてちょっとV系っぽさもあったり。オートチューンとキーボードの音が華やかさを感じさせたりもするけど、バンドの音は非常にゴリゴリの音。ちょっと昔のMUCCとかあの辺りのテイストもあったりして妙に懐かしく感じたりもしました。
 ボーカルの女性はちょっとゴアグラインドっぽいグロウルも含めて極悪なシャウトを聴かせるスタイル。音自体が退廃的なテイストを感じるメロディだからこそこれが妙にハマっている。後ろの方でゆっくり観ていたけど、バンドの雰囲気なども含めて中々重い白いバンドだと思いました。



・Cyclamen

 随分と観るのが久々になってしまったし、今回改めてライブを観るのが楽しみだったCyclamen。この日はアグレッシブかつプログレッシブな楽曲は完全に排除し、クリーントーン主体の歌物の曲中心のセット。久々に観たけど、今西氏がステージのドラムセットが本来設置してある辺りで歌っていたり、ドラムが上手に設置されていたりと、ステージングもだいぶ変わったなあ。
 この日はメンバーの仁氏がDEADLY PILESのライブだったので、Arbusのドラムの方がサポートで叩いていたけど、違和感も全く無い辺りは流石である。
 メロディを聴かせる曲ばかりのセットではあったが、相変わらず演奏技術が半端無く高すぎる!!ディストーションのサウンドやお家芸のピロピロ変態タッピングサウンドが控えめになっているからこそ、逆にメンバーそれぞれの技術と表現力の高さが際立つ。特に「神武不殺」の勝乗君のクリーントーンのタッピングフレーズはいつ聴いても眉唾物だ。
 でもそんなセットでもラストはしっかりアンセム「Never Ending Dream」で締めくくり。久々にライブを観たけど、バンドがよりパワーアップして充実の時期を迎えてるのを感じた良いライブだった!!



 こうして充実の5バンドを堪能した夜になりました。今回僕が個人的に大好きなTHE CREATOR OFとkallaqriが一緒に殺り合えたのは凄く嬉しかったし、他の人が組まない様な対バンを組んで下さったCyclamen今西さんには改めて感謝です。
 本当はジャンルの壁なんて物はとっくの昔になくなっていると個人的には思っている所もあって、そんな壁は誰かが勝手に作っているだけでしか無いと思っている。でもそんな壁なんてやっぱり存在しないって事を今回の「音の結」で改めて再確認出来ました。本当に楽しかった!!
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

AKSK

Author:AKSK
メジャーの物からマニアックな物まで良い音楽を幅広く紹介してこうと思ってますが、ハードコアとかが多目だったりします。他にもコラム書いたりもしています。

タグ別記事表示

日本 ライブレポ 激情系ハードコア アメリカ スラッジ ポストメタル ポストハードコア ポストロック カオティックハードコア ドゥーム エモ イギリス オルタナティブロック サイケ フランス アンビエント ネオクラスト ストーナー ドイツ ドローン シューゲイザー ロック ハードコア プログレ ギターロック グラインドコア ポストブラックメタル インタビュー マスロック ポストパンク デスメタル スウェーデン カナダ モダンへビィネス ブラックメタル ギターポップ エクスペリメンタル スラッシュメタル イタリア エレクトロニカ ジャンクロック インダストリアル ベルギー フューネラルドゥーム グランジ スペイン 年間BEST オーストラリア ノルウェー ジェント アコースティック モダンヘビィネス プログレッシブメタル ポップス ブラッケンドハードコア フォーク ミニマル ニューウェイブ ラーメン ゴシックメタル ロシア ファストコア ハードロック ノイズ ニュースクールハードコア メタルコア パワーヴァイオレンス フィンランド 駄盤珍盤紹介 ヒップホップ オランダ トリップホップ アブストラクト 自殺系ブラックメタル ゴシックドゥーム ヘビィロック ミクスチャー ラトビア ダブ クラウトロック シンガポール ノーウェイブ ノイズコア ゴシック パンク ダブステップ メロディックパンク テクノ インディーロック チェコ ポーランド ドラムンベース ウィッチハウス オルタナティブ アイルランド デンマーク スイス ヘビィネス メキシコ ポジパン ジャズ ヴィジュアル系 アシッドフォーク メタル ブルデス 声優 ボイスCD ドリームポップ トラッドフォーク クラストコア スクリーモ カントリー プリミティブブラック 韓国 ハンガリー アイスランド イラン シンフォニックブラック ギリシャ スコットランド USハードコア ポルトガル ガレージ ソフトロック フリージャズ モダンクラシカル 台湾 トルコ ファンク 

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。