FC2ブログ

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■螺旋の旋に問う(2018年8月12日)@東高円寺二万電圧

killie、johann、CxPxSのメンバーにより結成され、昨年突如として登場したドゥーム/ストーナーの異色の3ピースこと老人の仕事。
当初は「老人」名義で活動し、昨年末頃に「老人の仕事」へと改名。そしてリリースされた1stアルバムは瞬く間に話題となり、その名前を広めていった。
今回は昨年末にリリースされた1stアルバムのレコ発企画だが、NoLA、SUNDAY BLOODY SUNDAY、BBと世代もサウンドスタイルも超えた事件性の高い4マンライブ。異端のバンドの記念日に相応しいメンツだ。
全4バンドが45分のロングセットによる未曾有の宴の全容をここに記録する。



・NoLA

この日一番若手のNoLA。今年頭に4人編成となり、現編成でのライヴを観るのは初。
ギタリストが一人減るという一見するとマイナスともなる変化を逆手に取り、よりソリッドかつ無駄の無いサウンドスタイルを手にしていた事にまず驚く。
ハードコア/トラッシュメタル/パワーヴァイオレンスなどの要素を盛り込んだ楽曲はより凶暴さを増し、畳み掛けるように繰り出される楽曲に休まる暇など無い。
余分な贅肉を削ぎ落とし減量したボクサーの如く無駄のない美しいフォルムを暴力とも言える音からも感じさせるのは流石だ。
疾風怒涛のハードコアの暴力に圧倒されるばかりのアクトだった。NoLAはまだまだ進化を続けていくだろう。



・SUNDAY BLOODY SUNDAY

TwolowとのスプリットをリリースしたばかりのSBSはより骨太のグルーヴとリフにより強靭なるオルタナティブロックを展開。
これまでの楽曲もアレンジこそは大きな変化を施していないにも関わらず、より硬派かつファッティなサウンドへと進化を遂げていた。
Twolowとのスプリットに収録されている「Control/Regain」や今後リリースされるだろう新曲も披露したが、滾るエモーションだけでなく、ダークネスや混沌といったワードを想起させる新たなる展開を見せながらも、歌とリフとグルーヴに回帰するSBS節に降伏。
よりレンジを広くしながらも、オルタナティブのスタンダードを貫き通してくれた。
SBSの圧巻のオルタナティブはやはりライヴでこそ真価を発揮する。余計なギミック抜きのバンドの底力を感じさせてくれる。



・BB

BBは常に進化を続けるバンドだ。ライヴを観る度に過去を更新し続け、常に今が最高の状態であり続ける理想的なバンドだと思う。
そしてBBのライヴは最早儀式と言ってしまっても良いのかもしれない。頭からケツまでの45分の中で明確な起承転結が存在し、ハードコア/ヘヴィロックの際の際を攻めた末の異様さとオリジナリティをどこまでも厳格に体現し続ける。
ここ最近披露されている新曲群は特にそれが顕著で、よりダイナミックなロックに接近した物から、10分近くに渡る長尺で混沌の先の光を描くような楽曲までより変幻自在に聴き手を圧倒する。
フロントマンRyujiは常にステージから鋭い眼光で観る者を睨みつけ、決して言葉では語らないが、ダイナミックかつ神秘的なバンドサウンドと共に全身全霊で新世界を見据え叫ぶ。
45分があっという間に終わり、言葉にならない感覚に襲われた。BBはハードコア、いやロックの未来を常に射抜き続ける本物だ。



・老人の仕事

トリは本日の主役の老人の仕事。以前観た時はメンバー全員がボロ布を被っている衣装だったが、マイナーチェンジして毛むくじゃらな衣装に。
そして一発目の音が鳴った瞬間に二万電圧を非日常空間へと変貌させた。
老人の仕事の音楽性はSleepに対する日本からのアンサーなんて言われたりもしているが、ドゥーム/ストーナーへの愛をもっと原始的なロックンロールへと進化させた物だと僕は思う。
太鼓の音を聞いたら踊りたくなると言った人間が持つ原始的な本能に訴える。
各楽器のフレーズそのものが非常にシンプルだからこそ、より肉体が本能のままに踊り飛び跳ねたくなる。
原始から宇宙へと飛び立つ非日常体験。観る者を踊らせ滾らせる至高のグルーヴとリフは常人離れした物だった。



シーンにて強烈なるオリジナリティをそれぞれのやり方で体現する4バンドが一堂に会した今回のレコ発はまさに見逃し厳禁の事件だったと思う。
それぞれサウンドスタイルや目指す先こそ違えど、常に新しい音と価値観で観る者に驚きを与えるという点は共通してブレてない。
オルタナティブとはこういうものであると改めて納得させられた各バンドのアクトはそれぞれ僕に新たなる衝撃を与えてくれた。
そして老人の仕事、アルバムリリース本当におめでとうございます。次なる一手も心より楽しみにしてます。
タグ : ライブレポ

■Phenomenons Drive/Boris


201808141553041b8.png




結成25周年を迎え、日本のみならず世界中にその独自のヘヴィロックを発信し続けたBoris。昨年リリースのフルアルバム「Dear」はドゥーム/スラッジに回帰しながらも、Borisのさらなる進化を体現した快作に仕上がった。

そんなBorisの新たなる一手は日本のアンダーグラウンドシーンの異端のレーベルとして名高いHello From The Gutterからの12インチアナログ盤のリリース。全3曲28分に及ぶ濃密なる一枚だ。
今作は2016年2月の割礼との2マンライヴで披露した割礼の「散歩」のカヴァーを収録している事からうかがえる様に、サイケデリック方面のBorisを突き詰めた一枚に仕上がっている。



昨年リリースの「Dear」はBorisが持つヘヴィロックからのサイケデリックを高純度でパッケージしたBorisの核の部分が可視化された作品となったが、今作は更に全てを置き去りにするサイケデリックへと突き進んだ物に仕上がっている。
タイトル曲になっている「Phenomenons Drive」は実に15分近くに及ぶパワーアンビエント絵巻。聴覚だけでなくまるで視界をも埋め尽くす様な重低音が終始響き渡りながら、その轟音の奥底からは不思議とメロディとストーリーを想起させるのはBorisだからこそ出来る技だろう。

割礼のカヴァーである「散歩」は原曲を更にスロウかつヘヴィにアップロードした実にBorisらしい仕上がりとなっている。
煉獄の底からうねる重低音の業火、その音像の中から朧げに響くボーカルは割礼が持つスロウなグルーヴとサイケデリアをBoris流に解釈した物。
そんなアプローチから後半でメロディとビートが輪郭を明確にしながらも、更に地底の底へと沈み行く感覚は異様な中毒性に満ちている。

そんな重厚な2曲のサイケデリックパワーアンビエント絵巻を締めくくるのが約4分のコンパクトなアンビエント「センシタイザー」。ただ置き去りにするのではなく、聴き手にしっかりと余韻に浸る時間も用意する事により、今作に一つの結末を想起させる。



時間軸が崩壊した涅槃の世界へと聴き手を誘う全3曲。常に聴き手の想像を裏切り、自らのヘヴィロックを更新し続けるのBorisがこの様な作品をこのタイミングでリリースした事には大きな意味があるだろう。

形骸化したロックに抗い続けるBorisが深淵の底の底を覗き込む様な音をパッケージした今作はまた聴き手に大きな衝撃を与えるはず。
そして今作を経過したBorisが次にどんな一手を繰り出してくるか、僕はそれが楽しみで仕方ない。

■ロウライト/しののめ

ロウライト
ロウライト
posted with amazlet at 18.06.11
しののめ
AnagumaRecords (2018-03-14)
売り上げランキング: 324,712




例え誰かが心血を注いで産み出した物も、気が付いたら他の誰かに消費され、不要になったら何処かに放棄される。それはもしかしたら何かを産み出す人達にとって永遠に向き合わないといけない命題なのかもしれない。
芸術作品と書けば聞こえは良いのかもしれないけど、それに値段が付いた瞬間にそれは商品に変わる。寧ろ今の時代では無料で消費される物の方が多いのかもしれない。
サムネ映えする様なキャラクターに変な事させる。みんなが良いって言ったら同調圧力で「良いぞ良いぞ」ってなって反論意見は言わせない。多感で迷える人達を騙して教祖気取り。セックスをポエミーにしてみただけの奴ら、病んでいやがる。そしてそれに一々ノイズを感じる自分も充分過ぎる程に末期症状。

東京の3ピースロックバンド「しののめ」が産み出した2018年リリースの1stアルバム「ロウライト」は消費される事に全力で反抗するアルバムだ。
syrup16g 、Discharming Man、bloodthirsty butchers、mogwai、U2、それでも世界が続くなら、そうしたバンド達の名前が思い浮かんだりもしたが、それらのバンド名を列挙した所で今作の核心には全く触れる事は出来ない。
まるで他の音楽との共存を拒む様に、この淡い光の様な音は微かにだけど確かに触れた人の感性を全力で殴ってくる。



彼らの音楽はひたすらに暗い。ポストロック/シューゲイザー/を通過したギターロックと書くと、そこらの凡百のバンドと同じだと思う人もいるかもしれないが、彼らの音がそうならないのは、洗っても洗ってもこびり付いたまま消えない絶望と孤独が充満しているからだ。

美しい余韻を残しながら耳に残るメロディはへばり付いた諦めの様であり、そのメロディと言葉の相乗効果が不特定多数に消費される事を拒む。
センセーショナルで分かりやすい言葉を羅列して、メンタルヘルスをファッションとして消費する様な昨今の自称鬱ロックやSNS映えを狙った様な消費される事を良しとし、再生数やフォロワー数と言った物でしか語れないインスタントな表現もどきには絶対に到達不可能なリアルを鳴らす。
例えばタイトル曲「ロウライト」の「隣の部屋からの笑い声が違う世界の出来事のようだ」というフレーズがあるが、「孤独感」という感情をここまでシンプルな言葉でこれ以上なく表現している事に恐怖すら覚えた。

何曲か少しだけサウンドに軽快さも感じる楽曲もあるが、それでもひたすら沈む様に重たい。
分かりやすく大衆を騙す様なセンセーショナルな言葉なんて今作には何一つなく、あまりの美しさに眩暈を覚えそうになるメロディ、極端に音数を減らしたリズム隊、生々しい轟音、そして誰もが見て見ぬ振りしている事を暴く言葉の数々。それらが聴き手の数だけ、美しい思い出も、忘れ去りたい過去も、全てをフラッシュバックさせる情景と感情になる。



今作は単純に「しののめ」という若い3ピースバンドが1stアルバムにして表現の極限に手をかけただけの作品では無い。
今作に触れた人々の感受性と記憶と共鳴し、その数だけその人それぞれの「ロウライト」が描き出されていく。

カテゴライズやジャンルや表層だけを消費する人々、分かりやすい数値だけで物事を判断する人々、SNSに描かれる病みきったディストピア、日に日に上っ面だけが消費され続けていると僕は感じる。でもきっと本当はみんな生き辛くて仕方ないのかもしれない。
そんな世界だからこそ「しののめ」みたいな「暴く」表現が本当の意味で評価され議論される日がそう遠くない内に来ると信じていたりもする。

「淡い光」と「たわいもない事」。そんな二つの意味を背負った今作は、その名前に反して軽々しく消費される事を拒む。
だからこそ今作は今の時代に生まれるべくして生まれた大名盤だ。



■SPLIT BIRD/BROILER × TRIKORONA





それぞれ東京と言う地で異形の存在感を放つBROILERとTRIKORONA。グラインドコアとエモヴァイオレンスとサウンドスタイルこそ違うが、シーンの流行などとは全く無縁の場所に立ち、自らの異質さだけを追求する両者が惹かれ合った。
四国のIMPULSE RECORDSよりドロップされた今作は異端児二匹がぶつかり合う危険極まりないスプリットだ。



BROILERはSE含め全6曲を収録。ヴァイオレンスでありながら、誰も傷つけずハッピーな空間を常に作り続けるプロレスの美学にも通じるライヴアクトで多くの祝祭空間を作り出し続けている事がBROILERはよく話題になるが、音源でライヴパフォーマンス抜きに音だけに触れてみると懐が非常にデカイバンドである事を痛感する。

ひたすらRAWに荒れ狂うグラインドコアのピュアさと、そこに留まらない引き出しの多さがフックを生み出す。
EVILなリフとビートで攻め立てながら、ブラックメタルやメタルパンクなどの要素も容赦無くブチ込み、終いには正統派HEAVY METALなハイトーンシャウトまで飛び出す。

それこそSODOMの様なバンドのテイストも感じさせ、グラインドコアでありながらHEAVY METALを貫く。この手の音楽が大好きな人たちのツボをしっかりと突いてくる辺りが本当にニクい。



対するTRIKORONAはSTUBBORN FATHERとのスプリットで展開したTRIKORONAにしか生み出せない混沌と困惑の暴力を更に進化させた。
パワーヴァイオレンスやエモヴァイオレンスといった括りで語る事は不可能な領域へと突っ込んでいる。

今作に収録されている楽曲ではテルミンも取り入れ、ノイズ・ジャンクロックといった要素に留まらず、ニュースクールハードコアなテイストも人によっては感じさせたりもする。聴く人によってその音の感触は変わり、カメレオンの様にその姿を変えていく。
強烈な音圧で不条理で不条理を塗りつぶすかの様なサウンドスケープを展開するが、混沌の中で絶妙なリフのフックを活かし、不思議とキャッチーで耳に残る楽曲が並ぶ。

KOYAMAの散文的かつ化け物そのものなボーカルもより聴き手を混乱へと貶める。構成する全てがイカれている。それこそがTRIKORONAだ。
特に「蝿心中」の異様なフックと妙にドラマティックに展開しながら殺伐と突き抜ける様は一番の聴きどころ。



今作はボーナストラックとしてBROILERとTRIKORONAがそれぞれ国内の某バンドのカヴァーを収録しているが、そちらもそれぞれの個性を出しまくった魔改造カヴァーになっており、だけどカヴァー元のバンドの楽曲の完成度の高さも活きている。そちらも要チェック。

BROILERとTRIKORONAそれぞれか異常なまでの文脈と情報量を持つバンドだが、それを整理せずより混迷の奥底へと突き進んでいく。
エクストリームミュージックの異端の二匹が生み出す世界は予測不可能だ。

■Draw Morbid Brutality/ELMO





ELMOはこれまでの作品でも常にハードコアを更新し、世界中のハードコアとリンクしながらも、自らのオリジナリティだけを提示し続けて来た。
今作は2017年末にドロップされた実に4年振りとなる新作7インチEP。リリースはTOO SMELL RECORDSから。



ELMOのサウンドスタイルは一貫しており、スラッジ・パワーヴァイオレンス・グラインドコア・ノイズとあらゆるエクストリームミュージックを咀嚼し、それを極限まで振り切る事によりオリジナリティを獲得した。
先鋭的な視線を常に持ち、余計なギミックを排除し、実直過ぎる程にブルータルである事と向き合い続けている事実が今作にもアウトプットされている。

盤を再生した瞬間に耳を殺しにかかるハウリングノイズ、荒々しくも研ぎ澄まされたノイズまみれのギターと凶暴なビート、パラノイヤそのものであるハイトーンボーカル。悪意と狂気を音にしたらELMOになると言っても過言でもない。
加えてELMOはピットミュージックとしても強靭だ。アーティスティックな一面を持ちながらも、軸足はピットミュージックから全くブレず、自然と腕をブン回したくなるリフとビートによる楽曲構造は恐怖と同時に聴き手に野蛮な感情を与える。

sideAはファストな2曲、sideBはスラッジな1曲の計3曲が収録されているが、どの方面に振り切ってもノイジーかつブルータルなELMO印のグルーヴが充満し、危険極まりないが不思議とそこに触れたくなる人間の好奇心を刺激する。



サウンドスタイルこそ前作から大きな変化を遂げた訳ではないが、より強烈なフックと冷徹な残虐さを追求し、自らを更新した一枚。
ただ凶悪さを極めるだけでなく、ピットミュージックとして聴き手と共犯関係を築く事が出来るのはELMOの一番の強みなのかもしれない。
ハードコアは何なのか?ブルータルとは何なのか?それを直向きに追求し続けているからこそELMOは常に最先端のハードコアを産み出し続けている。

この悪意の暴力を早くフルアルバムのサイズでリリースして欲しい。それは間違いなく新たなる時代を切り開く一枚になる筈だ。

プロフィール

AKSK

Author:AKSK
メジャーの物からマニアックな物まで良い音楽を幅広く紹介してこうと思ってますが、ハードコアとかが多目だったりします。他にもコラム書いたりもしています。

タグ別記事表示

日本 ライブレポ 激情系ハードコア アメリカ スラッジ ポストメタル ポストロック ポストハードコア カオティックハードコア ドゥーム エモ オルタナティブロック イギリス サイケ フランス アンビエント ストーナー ネオクラスト ドローン ドイツ ギターロック シューゲイザー ハードコア グラインドコア ロック プログレ インタビュー マスロック ポストブラックメタル ポストパンク デスメタル スウェーデン カナダ ブラックメタル モダンへビィネス スラッシュメタル エクスペリメンタル ギターポップ インダストリアル イタリア ジャンクロック エレクトロニカ フューネラルドゥーム ベルギー グランジ ジェント スペイン オーストラリア ノルウェー パワーヴァイオレンス 年間BEST アコースティック ブラッケンドハードコア ミニマル ニューウェイブ フォーク プログレッシブメタル モダンヘビィネス ラーメン ポップス ゴシックメタル ニュースクールハードコア ロシア ノイズ ハードロック メタルコア ファストコア フィンランド トリップホップ 駄盤珍盤紹介 自殺系ブラックメタル ヒップホップ オランダ アブストラクト ゴシックドゥーム ダブ ポジパン ゴシック シンガポール ラトビア ヘビィロック ミクスチャー クラウトロック ノイズコア ノーウェイブ パンク ダブステップ テクノ ヘビィネス インディーロック チェコ メロディックパンク メタル オルタナティブ デンマーク ポーランド スイス メキシコ ブルデス アシッドフォーク ジャズ ドラムンベース ウィッチハウス ヴィジュアル系 アイルランド スクリーモ プリミティブブラック ドリームポップ トラッドフォーク USハードコア シンフォニックブラック 年間ベスト ニューウェイヴ ポルトガル クラストコア フリージャズ カントリー スコットランド モダンクラシカル ソフトロック ギリシャ ハンガリー トルコ イラン レゲエ ファンク アイスランド 台湾 ボイスCD 声優 ガレージ 韓国 

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。